名探偵ポワロ ジョニー・ウェイバリー誘拐事件

2022年6月22日(水)の「名探偵ポワロ」は「ジョニー・ウェイバリー誘拐事件」でした。
以下、まとめと感想と少しネタバレです。

今回のポイントはイギリス式朝食へのポワロの期待度の高さといったとことでしょうか。
ミスレモンはポワロさんに負けず劣らずなかなかの個性の持ち主です。
今回は独自に編み出したファイリングの整理に夢中でポワロにお茶を出すのを忘れてしまっています。

今回の依頼
大地主ウェイバリーに届いた息子の誘拐予告。
5万ポンドの身代金を要求。
警察では相手にしてもらえないからポワロに依頼しにきた。

事件の概要
大地主ウェイバリーの元に息子の誘拐予告の手紙が入る。
指定された日にはポワロもジャップ警部も駆け付けたものの息子といた居間の時計は10分進んだ状態になっていて、その時間に庭で不審な男を拘束した。
男を問い詰めていると息子を乗せた車が庭を走り去っていった。
ちょうど予告された時間であった。

ポワロが気づいた事件のポイント
・子どもを誘拐するならチャンスはいくらでもあったのに時間を指定している
・室内にも警官がいる中で誘拐犯がどのように室内を出たか
・ジョニーを乗せた車が庭を横切って走り去ったこと
・事件当日ウェイバリーの寝室に誘拐予告の時間を張り付けることができたのは
・ウェイバリーが指定された日の当日使用人のほとんどをクビにしている
・庭で捕まった不審な男が話す執事そっくりな男の話

ウェイバリー家の館では修復中で工事がストップしていた、夕食も質素だったりと経済的な問題を抱えていることをポワロとヘイスティングスは感じ取ります。
誘拐予告とされた日の当日の朝食があまりに寂しかったのか、当日にも関わらずポワロとヘイスティングスは聞き込みがてら朝食を食べに出かけます。

今回の名シーン(その一)
外のテラス席でポワロはスクランブルエッグ、ソーセージ、キドニーパイを注文していきます。
店員「ベーコンは?」
ポワロ「カリカリ?」
店員「できます。お茶か自家製ビールはいかがですか。」
ポワロ「ビール?朝食に?」
ヘイスティングス「ビールを2つ。」

しっかりして気の利く店員さんを見送りながら「いい娘さんですね」とポワロ。
確かにちゃんとお料理をおススメして受け答えもハキハキしていていいですね。

今回の名シーン(その二)
朝食とビールですっかりご機嫌になった二人は歌いながら屋敷に車で向かいます。
ヘイスティングス「ふたりのおとこーまきばーでくさかりー♪」
ポワロ「ふたりのおことーまきばーでくさかりー♪」

こんなにはしゃぐポワロさんは珍しいです!
ヘイスティングス、運転は大丈夫ですか💦
なんだかんだ言ってヘイスティングスとは仲良しですね。

ポワロは執事と庭で発見された不審な男に聞き込みをした後、ポワロはひとつだけ逃走経路が分からないと話します。
玄関先や庭に警察がいる中、どうやって息子を連れ去ったのか思案していると、ウェイバリー夫人から外につながるトンネルがあることを教わります。

今回の事件はウェイバリーの自作自演でした。
おそらく夫人からお金を出させたい一心だったのでしょう。
ウェイバリー家は大地主ではありますが、懐具合は寂しく、一方で資産家の娘である妻はお金を持っているということでした。

ポワロはどこからウェイバリーのことを怪しんでいたのでしょうか。
息子が誘拐された直後でもポワロは慌てた様子はありませんでした。
少なくとも家のトンネルの出口を確認したあたりでは、もうウェイバリーが仕組んだことだと確信を持っていた様子です。
「トンネル歩きは退屈だね」
ポワロの目がキラキラしていません。
出口にたどり着き、事件のことを回想します。
車に乗せて庭をクラクションを鳴らして通り過ぎる様子を描写すると
「お芝居ですよ、やりすぎだ。」
ポワロはがっかりした様子です。
「ヘイスティングス、この事件はもうたくさんです。」

ウェイバリーの自作自演にポワロは怒っていましたね。
この期に及んでスキャンダルは困るというウェイバリーをポワロは静かに諭します。
「名誉ある家名を傷つけるようなマネは二度となさらないことです。
請求書送ります。」
ウェイバリーにとっては家名のことを言われるのはなによりも響いたことでしょう。
ポワロはよく分かっていますね。

確かにスコットランドヤードまで巻き込んでいるんですから、お灸をすえて当然です。
ポワロの言いぶりからウェイバリーなら奥さんにはうまく取り繕っておけるでしょうと言っているので奥さんに真相を誰も伝えるつもりはないということなんでしょう。
これでウェイバリーも体裁ばかりを気にする態度を改めるといいですね。

名探偵ポワロ 毎週水曜夜9時~ BSプレミアム

見逃した方はU-NEXTでどうぞ。
今なら31日間無料体験。


U-NEXT

タイトルとURLをコピーしました